淵野辺から世界へ!

気づいたら山形に

ブラックパンサー、カメラを止めるな、万引き家族、ボヘミアン・ラプソディ

今年印象に残っている映画のまとめ

 

#ブラックパンサー

ヒーロー物は嫌いだけど、政治的なメッセージをすっごくきれいに物語に落としこんでいて、勉強になった。

 

#カメラを止めるな

この映画がヒットする時代背景や、低予算感が、日本の衰退を感じた。あとはシン・ゴジラのヒットの翌年のヒットがこれで「大作映画と低予算映画が交互に流行る」みたいなのを感じた。

 

#万引き家族

脚の描写がまだ消化しきれていない。

脚の不自由なおばあさん、心を開いた客に脚も開く娘、脚を怪我するおじさん、脚が原因で崩壊する共同体。新しい娘の成長を描くのに印象的な「狭い家の中から出ていないから歩き方がぎこちなかったが、新家族に入ってからは走れるようになる」、脚、脚、脚。おかあさんは何かあったっけ。

 

#ボヘミアン・ラプソディ

泣いた。最後の曲がdays of our livesじゃなくてあの曲だったのに監督の意志を感じた。やせ細ったフレディではなく、強さを鼓舞するフレディ。

 

 

インド映画の"シェフ”(2018)はなんか良かった。

年末インド行くのでもう一回みておきたい。