淵野辺から世界へ!

気づいたら山形に

モンゴルのシャーマンと、もののけ姫の話

少し前、仕事でモンゴルに行ってきた。
環境問題の現地調査という名目で、文化や産業についてのレポートを作るために飛んできた。

我ながら、相変わらず訳の分からない仕事をしていると思うが、この旅行のハイライトはただ一つ、現役のシャーマンに会ったこと(シャーマンに引退はあるのだろうか)。

 

 

ある現場から次の現場へに草原を移動中、一張のゲルに立ち寄ることになった。
ガイド曰く、そのゲルにはシャーマンが住んでいるとのこと。


シャーマン!!!!


なんと甘美な響き。アニミズム。いたこの最終型。プリンセス・ハオ。知っていることはそれくらいだけど、道中の草原で「よみがーえーれー」と口ずさんでしまったほど、わくわくが止まらなかった。まさか自分の人生でシャーマンと知り合うことになるとは。意味不明すぎて、もうこういうの本当大好き、って。

 

それで、現場についたら40代くらいのスリムなおねえさんが出迎えてくれた。ヤギの乳を発酵させて固めたアメみたいな何かをくれた。口にはいれてみたけど、それはただの酸っぱい石だった。

 

ガイドが、この女性がシャーマンだと言い、ゲルの中を見せてくれることになった。

中には狼の毛皮や鷲の羽が刺さった仮面、楽器や数珠が大量にあり、なんというか、なんというか!もうサイコーだった。

 

f:id:xtnfo:20171229190656j:plain

 

f:id:xtnfo:20171229190700j:plain

 

帰国してから思ったけど、あの仮面と毛皮は完全にもののけ姫だ。

 

f:id:xtnfo:20171229190749j:plain

 

2018年も、サイコーなイベントがたくさん起こりますように。