淵野辺から世界へ!

気づいたら山形に

モチベーション低下の年末

11月から、管理部門のマネージャーをすることになった。
やってもやっても終わらない仕事量に疲弊しているし、自分の状況を理解してサポートをしてくれる人がいないのもストレスだ。自分が回せる量を超えているのに、催促をしてくる人たちに対して、待ってろよとか、うるせーと憎悪を感じるタイミングもあった。


一方で、同僚たちがまったく催促しないような環境を想像するとぞっとする。
イノベーションを起こすのに必要なのはパッションと思うから、これだけの数の人が自身の担当業務をドライブするために、私に催促してくる環境というのは非常に素晴らしいのだ。


今のストレスの真の原因は、催促されることではなく、自分が彼らの期待に応えたいのに、自分が提供できる仕事の品質とスピードが追いついていないことなのだ。こう考えることで、いま抱えているストレスは自助努力で解決を目指せる。周りは関係ない。俺がやる。


100日後にはきっと、そこにはパワーアップしてすいすい業務を回してクオリティの高い業務をこなしている自分がいるはずだ。能力を挙げることが自分を救う。自分を救うために勉強をする。

Remove all ads