Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

淵野辺から世界へ!

社会人1年目。山形県民になりました。

寄り添うサービス

先日、パソコンのケースを買った。

 

ネットで通じたもので、クオリティは自分が期待していたものより少し劣っていたけれど、僕はきっとこのケースを限界まで使うだろう。

 

 

f:id:xtnfo:20141118012025j:plain

 

先週、Macbook Proを買い替えたので、それに合うケースを探していた。

 

Cargo Worksというブランドを見つけた。アメリカのブランドで、ホームページでの写真の見せ方とかデザインがすごく好みだった。上の写真のようにナイロンを使った外装がかっこよくて、ポケットが多い点も、充電器だけでなくthunderboltケーブルとかvgaコネクタなどを一緒に持ち歩く自分にはぴったりの商品だった。

 

しかし、いざカートに入れて注文のステップまで進んでみると、発送先のオプションには北米エリアしかなかった。

 

ダメ元で、サポート宛てにメールしてみた(表示されているメアドとmailtoのアドレスが違ったからまじで怪しいと思ったのは内緒)。アメリカのカスタマーサポートがひどいことは十分知っていたから、文字通りダメ元で「君のところの商品ですごく気に入ったものがあるんだけど、もしよかったら日本国内のディーラーか、ネットで買う方法を教えてもらえない?」って。

 

そしたら半日後に返事がきた。メールを開く前にまず、この返信の早さに驚いた。

「メールありがとう。いま、配送先のオプションに日本を追加したから、そこから買ってね。7−10日でつくと思う。配送料は15ドルね!」

 

びっくりした。この対応のスピード感にひどく感動して、その場で注文を完了して、メールを返した。

 

「こんなに早くカスタマーサポートから連絡が返ってきたのは初めてで、感動しているよ!ありがとう」

 

さらに次の日、注文確認メール(自動送信)とは別にもう一通メールが届いた。

 

「今朝、発送したよ。来週中には着くと思う。…そうそう、ギフトとしてキーホルダーも同封しといたからぜひ受け取ってね。それじゃあ!」

 

もうね。こんなんされたらね。完敗。一気にファンになっちゃった。

 

 

こういうサービスをこういうスピード感で実現するようなチームを作りたい。

 

f:id:xtnfo:20141117204206j:plain

 

 

 

Remove all ads