Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

淵野辺から世界へ!

社会人1年目。山形県民になりました。

格好良い大人になろう2013

エッセイ

自分がなんとなく感じていたものを言語できるとすごく嬉しい。腑に落ちる。胸に支(つか)えてたものがストンと落ちる。とにかく、スッキリする。僕がブログを続ける、文章を書き続けるのはきっと、その瞬間をより多く経験したいから。

 

 

今週は忙しい日が続き、これまでの2ヶ月のインターンの中で一番手足を動かす週だった。そういう慌ただしい生活の中で気付いたのは、周りの大人の格好良さの元にあるもの。自分がどんな大人を格好良いと思うのか、はっきりした。

 

僕の上司は格好良い。仕事の速さ正確さ、部下のマネジメント、料理の手際のよさ、趣味への姿勢、全てが本気。休日のBBQには仕事に穴を空けることなく、前夜から準備をする。鶏肉だって自分で捌くし、その中でも遊びを忘れない。

 

僕の父は格好良い。いきつけの店があり、愛車の掃除はかかさずいつも新車のよう、毎朝早朝から職場に入り掃除をするし、趣味のゴルフにも一生懸命。

 

僕の兄は格好良い。不言実行の男で、やるべきことは必ずやり、成果を必ず残す。高校大学選びからプロポーズに至るまで、すべて自分で考え、完遂してきた。

 

自分のやること・やりたいこと・身の回りのことにこだわりをもって、何事にも本気で取り組む大人が格好良いんだ。今週はそういう大人になってみようと思う。まずは部屋を綺麗に保つ。靴を磨く。規則正しい生活をする。仕事に真面目に取り組む。できることからやってみよう。

 

格好良い大人になろう2013。

Remove all ads