Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

淵野辺から世界へ!

社会人1年目。山形県民になりました。

ビル・ゲイツが現金を嫌う理由(わけ)

紹介 英語の勉強

f:id:xtnfo:20060116120500j:plain

Bloomberg Businessweekに掲載されたこの記事を勉強も兼ねて意訳してみる(制限時間30分)

---

"Bill Gates Hates Cash, Here's Why" by Peter Coy, a bloomberg businessweek's economics editor

タイトル「ビル・ゲイツが現金を嫌う理由(わけ)」by ピーター・コイ

億万長者は紙幣を持たないことで知られるが、ビル・ゲイツが現金を嫌う理由は別にある。彼は、貧しく、預金のない人びとを配慮するが故、現金を嫌うのだ。昨年9月にビル・アンド・メリンダ財団の出資を得て設立されたThe Better Than Cash Alliance(以下、BTCA)は今朝、ダボス会議にて朝食会を開いた。フィリピン、コロンビア、アメリカなどからの登壇者は様々な事例を交えながら、なぜ電子決済が現金決済より優れているかを示した。

それには主に5つ、理由がある。

1.透明性:使用履歴のチェックが容易なため、不正利用されにくい。実際、アフガニスタンの救援部隊では強盗対策のために使われている。

2.安全性:ちゃんと入出される。

3.金融包摂:決済は口座を持たない人でも入出金の記録を残すことができるので、ローンの組み立てやその他のサービスを受けられるようになる。

4.コスト削減:現金を入出金する際の手数料より電子取引のほうが安く済むが、多くの金融機関などはキャッシュレスの際に手数料を要求するため、多くの低所得者は未だに現金を使ったほうが安く済むと思っている。

5.新興市場への参入:特に金融サービスの提供者は恩恵を受けられる。

電子決済に関していうと、新興国にとってのロールモデルはケニアである。Mercy CorpsのNeal Keny-Guyer社長(同社はBTCAの一員)は、ケニアが2007年に発表したM-Pesaは街の至る所に窓口を置いているという。またコロンビアの Mauricio Cárdenas金融財政大臣はインタビューで「ノンバンクが現金を受け取った後バウチャーを発効することを許可する法案を年内にも国会を通過させたい」と語った。

---

んーよくわからんぞこの文章。40分かかったしまだまだダメだ

Remove all ads